キャッシュフローを計算するのに必要な係数って?

収入証明書不要のキャッシング

 

ライフプランニング(ファイナンシャル・プランニング)において、今後の生活設計の指針となるキャッシュフロー表などを作成する際によく用いられる係数があります。
この係数には「終価」、「現価」、「減債基金」、「年金終価」、「資本回収」および「年金現価」の6つの種類があり、一般的には早見表として縦横に仕切られた表形式になっていますので、例えば毎年の積立額などを計算したい際にはその表を用いて値を取り出すことで、求める額を簡単に}PgžxQ導き出すことができます。

 

「終価」は、複利で資産運用しようとするときに、現在の資産を何パーセントで運用すれば目標とする額に到達するのかを知りたい場合に使います。
「現価」は、将来的に目標とする金額が決まっているときに、複利運用で現在どの程度の資金が必要なのかを導き出す場合に使います。

 

その他、「減債基金」は、将来の目標額から毎年必要な積立額を知りたいときに使います。
「年金終価」は、毎年の積立額から将来受け取る額を知りたいときに使います。
「資本回収」は、現在の資産を長期にわたり取り崩したときの年金額を知りたいときに使います。
「年金現価」は、目標とする年金額を受け取るために現在必要な資金を知りたいときに使います。