現価係数

ファイナンシャルプランナーや資産運用等、近年資産や投資に関する注目が高まり、自分で資産運用を行う事も珍しくなくなって来ました。そのため多くの個人投資家が金融に関する知識を付けなければ行けませんが、その金融知識の中でもいくつかの係数を覚えておく事で、非常に便利に効率的に様々な計算を行う事が出来る様になりました。
係数の種類はいくつかありますが、ここでは基本的な係数でもある現価係数に関して説明します。この係数は、将来の額から現在必要とされる水01金額を求める時に使う事が出来ます。複利運用によって一定期間経過した際に所定の金額を得る為には、今の時点でどれ程の元本が必要なのかを求める時に使われます。つまり、将来の目標を定めた上で、現時点で必要な資金を算出する事が出来ますので、目標を先に定めた際に活用出来る係数となっています。例えば、7年後に150万円にしたい場合、年利率3%の複利で運用すると元本はいくらあればその目標を達成出来るのでしょうか、という場合に活用出来ます。
この様に、目的に合わせて係数を活用する事で難しい計算を簡素かしてくれ、効率的な資産運用プランをより明確にたてる事が出来ますので、今の資産運用プランをもとに一度活用してみる事をお勧めします。

コメントは受け付けていません。