年金終価係数

年金等に対する不安を抱えている人も多いと思いますが、その分自分で資産を運用しながら将来に備える事を初めている人も増えて来ています。しかし、投資や資産運用は種類も多く、管理する事は簡単ではありません。そんな投資や運用に関しては、係数と呼ばれる計算式がいくつか存在しており、係数を活用する事で将来の具体的な投資額や今どれだけ投資すべきかといった数字を知る事が出来ます。
例えば、年金終価係数と呼ばれる係数は毎年の積立て額から将来の積立の合計額を求める時に使用します。複利で運用しながら、一定期間水03一定金額を積み立てた時、将来いくらになっているのかを知りたい時に使える係数です。例えば、年利率4%を複利で運用し、毎年5万円を5年間積み立てた時5年後の合計額はいくらになっているかを求める事が出来ます。この様にまずは計算式に具体的な数字を当てはめる事が必要なので、自分が目的としている数字を明確にする事で、将来の具体的な数字や、今必要な資金まで求める事が出来ますので、この様にまずは具体的な数字を算出する事から始めましょう。
他にも目的に合った係数が存在していますので、他の係数の存在を知っておく事で目的に合わせて活用する事が出来るでしょう。

コメントは受け付けていません。