資本回収係数

金融業界には様々な商品が存在しており、各種商品に関しての金利等を計算する際に必要となる係数と呼ばれる計算式が存在しています。この各種係数を活用する事で、保険商品や借入れ額の返済等で具体的な金額を求める事ができ、より明確な資産形成を計画する事が出来ますので、ここではそういった係数の一つである資本回収係数について紹介致します。
この係数は年金原資を複利運用しながら受け取れる年金の額や、借入れ額に対する利息を含めた毎年の返済額を求める時に使用します。例プレゼント02えば、2000万円を年利率3%で複利運用し、毎年150万円の年金を5年間受け取るためにはいくらの元本が必要か、という様な計算をする時に用います。この係数は支払う側に立って考える事で、借入金の返済計画にまで使用する事が出来るメリットがありますので、活用方法は一つではなく視点によって変える事が出来ます。
この様に係数には目的によっていくつか種類がありますが、自身が求めたい具体的な数字を求める際に非常に重要なツールとなり、効率的に数字を見る事が出来ますので、自身が現在必要としている具体的な数字を求める係数を一度活用する事で、より明確な将来の計画へと繋げて行きましょう。

コメントは受け付けていません。